南木曽地方の魅力


アタラヨウェディングスのブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

今日は知られざる「南木曽町の魅力について」ご紹介します。


まず南木曽という言葉をご存知でしょうか

「みなみきそ」ではなく、「なぎそ」と読みます。

聞いたことのない方もいらっしゃるかもしれません。

本物の日本と出逢える町「南木曽町(なぎそまち)」について、ご紹介いたします。


長野県木曽郡南木曽町(なぎそまち)

名古屋から車で約90分。

古くから中山道の宿場町として発展したこの町は、岐阜と長野の県境にあります。

町の面積の約94%を森林が占めているように、自然豊かな場所です。

水源である南アルプスに近いため、川の水も驚くほどに透明で、川底まで肉眼でみることができます。


さらに、伊勢神宮に納める木曽ヒノキは、実はこの南木曽の「伊勢山」と呼ばれる山から切り出されていて、織田信長が「日本一の神社は、日本一のヒノキを使う」と号令を出し、今でも20年に一度の遷宮では南木曽の木曽ヒノキが使われています。


自然豊かな南木曽町は「日本で最も美しい村連合」の一つでもあり、江戸時代からの町並みを今に残す「妻籠宿(つまごじゅく)」や、エメラルドグリーンの滝が見所な「柿其渓谷(かきぞれけいこく)」などの観光スポットも多く、ダウンリバーやトレッキングなどのアクティビティも可能です。

みたことのないもの、体験したことないことが、日本にはまだたくさんあることを気づかせてくれます。




また、南木曽周辺は、天然の食材庫として、その日に採れた新鮮な山菜、川魚やジビエ、幻の木曽牛などを食べることもできる、グルメも豊富です。

そんな南木曽町は実は今、「京都より日本を感じられる」と、欧米からの観光客が好んで訪れる穴場スポットとして評判を生んでいます。

周辺には「禅寺」が多く、禅や瞑想に惹かれ訪れる方も多いのだとか。

夜は車の音も、人の営みの音も聞こえず、

満点の星空の下、大切な人たちとゆっくりと会話をしながら贅沢な時間を過ごせます。

カップルでも、ご家族でも訪れていただきたい場所です。



旅婚 -Trip wedding-「南木曽」はこちら



名古屋エリアを中心にウェディングプロデュースを行っているアタラヨウェディングスです。

石垣島・岐阜県奥多治見・長野県南木曽地方・飛騨高山の旅行をかねた結婚式『旅婚』をご提案しています。

おふたりだけのエロープメントウェディングやフォトウェディング 、ご家族でのリゾートウェディング、歴史ある料亭で行う和装でのお食事会、

友人を招いての1.5次会や会費婚まで幅広く、おふたりのご要望に合わせてオリジナルウェディングをプロデュースしています。

オンライン打ち合わせ、対面打ち合わせどちらも対応可能。

名古屋だけに限らず、全国よりお問い合わせ、ご予約を承っております。