旅婚南木曽s.jpg

万全な感染防止対策

旅を兼ねた旅婚

atarayo weddingz

Scroll

コロナ禍における
結婚式の2つの選択肢

結婚式は人生における一大イベントです。これまでお世話になった両親や友人などに、結婚式を通じてきちんとご報告をしたいと考えますよね。

しかし、現在世界的なコロナ禍になってしまったことで、結婚式を挙げることに対して不安を感じている方も多いのではないでしょうか?

「きちんと家族や友人に報告をしたいけど万が一のことがあったら怖い」と考えている方もたくさんいることでしょう。

今回はそのような方に少しでも安心材料としてもらうため、結婚式における具体的なコロナ対策や、今だからこそオススメしたい「新しい結婚式のスタイル」についてご紹介していきます。

2つの選択肢はこちら

選択肢

1

消毒液イメージ画像.jpg

感染防止対策

コロナ禍の結婚式、万全な感染防止対策で不安解消

選択肢

2

旅婚南木曽s.jpg

旅を兼ねた旅婚

旅も兼ねてさまざまな催しが用意されている旅婚

選択肢

1

コロナ禍の結婚式、
万全な感染防止対策で
不安解消

コロナ禍での結婚式に不安を感じる方も多いと思いますが、結婚式は一生に一度のイベントです。新郎新婦の門出を祝い、多くのゲストが参列してくれます。ふたりのために多くの方が集まるというような機会は、人生の中でもなかなかありません。一生に一度の大切なイベントなので、せっかくなら無事に終わらせて、新郎新婦・ゲスト双方にとって思い出に残る結婚式にしたいですよね。ゲストの方も、新郎新婦をお祝いしたい一心で駆けつけてくれます。日頃の感謝を伝えるという意味でも、結婚式を挙げてふたりの幸せな姿を周囲の方に見てほしいですよね。コロナが発生し時が経つにつれて、有効的な対策やグッズも登場してきています。そうしたものを利用し、準備を丁寧に整えた上であれば結婚式を行っても大丈夫です。

それではここから

結婚式で行える具体的なコロナ対策をご紹介します。
以下の2種類に分けて確認していきましょう。

 

コロナ対策:1

結婚式当日までにできる
コロナ対策

コロナ対策:2

結婚式当日にできる
コロナ対策

コロナ対策:1

結婚式当日までにできる
コロナ対策

まずは、結婚式当日までにできるコロナ対策についてです。

結婚式当日にコロナのクラスターを発生させないためには、事前に対策を施しておく必要があります。

1. 感染対策への協力をゲストにお願いする
2. 招待状に差し込む文章例
3. コロナ対策がしやすい挙式場を選ぶ
4. 人数を減らして結婚式を行うことを検討する
5. 結婚式二部制の導入を検討する
6. オンラインを積極的に活用する

 
旅婚石垣s.jpg

1. 感染対策への協力をゲストにお願いする

コロナ対策のためには、当日参列するゲストの協力が欠かせません。どれだけ新郎新婦がコロナ対策に注意を払っていても、他の方の意識が弱ければ感染のリスクは高まります。

そのためまずは、結婚式の招待状に「コロナ対策に協力をお願いします」という旨の文章を添えて送りましょう。

以下のような文章を送れば大丈夫です

かわいい封筒

2. 招待状に差し込む文章例

『当日は皆様の健康を第一に考え、感染防止策を徹底させていただいた上で結婚式を行わせいただきます。ご臨席いただく皆様におかれましても、手洗い・消毒等、感染防止のご協力をお願いいたします。ご不安な点がございましたら、ご遠慮なくご連絡くださいませ。』

ゲストの中にも、コロナ対策がしっかり行われているかを心配に感じている方もいます。そのような方からすると、協力をお願いする旨の文章や当日のコロナ対策について記載されていると安心できますね。

3. コロナ対策がしやすい挙式場を選ぶ

浜の結婚式

結婚式場の選び方はコロナ対策を行う上で重要です。コロナ対策のためには、密閉・密集・密接の「三密」を避けるのが有効とされています。
そこで、具体的に三密を避けるための工夫を施しやすい結婚式場を選びましょう。以下のポイントで選ぶと良いです。

〈結婚式場を選ぶポイント〉

・座席のレイアウトを変更しやすいか?
・招待人数に対して、しっかりとソーシャルディスタンスを確保できる広さの会場か?
・窓があり常時換気できる会場か?
・屋外で行うことも視野に入れる

おとぎ話の結婚式

4. 人数を減らして結婚式を行うことを検討する

結婚式は一生に一度のイベントなので、なるべく大勢の親族や友人に参列してほしいという気持ちがあるでしょう。新たな門出を祝ってもらうのと同時に、お世話になった方々に感謝の気持ちを伝えたいという方もいます。

とはいえ、コロナ対策の観点から考えると、大勢のゲストを招待することで感染リスクが上がりかねません。そのため、人数を減らして結婚式を行うことも視野に入れましょう。

5. 結婚式二部制の導入を検討する

伝統的な日本式婚礼

上記のように人数を減らすのが理想ですが、招待したいゲストが大勢いるのにそれをお断りするというのは心苦しいものです。そこで、結婚式を二部制にすることも視野に入れましょう。この二部制には以下のようなさまざまな選択肢があります。

・午前は家族のみ参列、午後は友人のみ参列、という形式にする
・先に家族のみで結婚式を行い、後日友人のみで結婚式を行う
・2つの会場で結婚式を行い、それをリモートで繋ぐ

結婚式の開催を日時や場所ごとで分けることにより、密を避けてコロナ感染リスクを下げることが可能です。
また、二部制にして人数を減らすことで、ゲストの方々との時間をさらに濃いものにできます。もちろん、コロナ対策のために長時間の接触や会話は避けるべきですが、ゲストそれぞれに感謝の気持ちは伝えやすくなりますね。

6. オンラインを積極的に活用する

オンラインショッピング

リモートワークやリモート面接など、近年ではコロナ対策としてオンラインも積極的に活用されるようになりました。このオンライン形式は結婚式でも有効的です。
結婚式場に配信用カメラやPCを設置し、リアルタイムで式の様子を配信します。これなら、コロナ対策として有効なだけでなく、ご高齢の方や遠方でどうしても都合がつかない方なども気軽に祝福できますね。
式自体だけでなく、以下をオンラインで行うことも可能です。

・招待状の送付
スマートフォンのメールやLINEで招待状を送れます。

・ご祝儀の支払い
クレジットカード払い、口座引き落とし等さまざまなお支払い方法を事前に選択できます。

・受付
事前に情報を記入しておき、当日QRコードを受付でかざすだけで受付完了にする、などの方法があります。

このような工夫を行うことで人との接触機会を極力減らせます。

コロナ対策:2

結婚式当日にできる
コロナ対策

それでは次に、結婚式当日にできるコロナ対策について確認していきましょう。
事前準備はもちろん、当日ゲストの方々に協力してもらいながらコロナ対策への意識を持って結婚式を進行することが大切です。

1. マスクの着用必須にする
2. 検温の実施
3. 消毒液の設置
4. 乾杯の唱和を無くすなどして声を出さないように促す
5. アクリル板の活用
6. 式場のレイアウトで距離を保つ工夫をする
7. 料理の出し方を工夫する
8. 演出は控えめにする

 
マスクイメージ画像.jpg

1. マスクの着用必須にする

まず、マスクの着用は必須です。新郎新婦が着用するかは場合によって異なりますが、ゲストや結婚式場のスタッフには必ず着用してもらいましょう。

食事のときはマスクを外す方も多いため、マスクケースをゲストに配っておくと良いですね。

結婚式

2. 検温の実施

体温が37.5度以上の場合、コロナウィルスに感染している危険性が高まります。万が一にも見逃さないように検温をしっかり実施しましょう。エントランスでサーモグラフィ等による検温を行うことが効果的です。

3. 消毒液の設置

消毒液や消毒ジェルは、受付はもちろん、結婚式場内の各テーブルに1つずつ設置するなどしましょう。トイレ付近など、ある程度人の出入りが発生するであろう場所にはまんべんなく消毒液を設置することが大切です。

乾杯

4. 乾杯の唱和を無くすなどして声を出さないように促す

式では2人の門出を祝い乾杯をしたくなります。しかし、コロナ対策のためにはなるべく飛沫を出さない工夫が大切です。そのため、一斉に乾杯の唱和を行うことを避けましょう。

5. アクリル板の活用

コロナ対策で飛沫を防止するためにアクリル板による仕切りを準備しましょう。結婚式で飛沫感染する可能性が高いのは、ある程度会話が生まれがちな受付とゲストがいる各テーブルです。ここにはアクリル板を設置し、コロナ感染リスクを下げましょう。

ウェディングアイル

6. 式場のレイアウトで距離を保つ工夫をする

コロナ対策では、人との距離を保つ「ソーシャルディスタンス」が推奨されています。結婚式場でも、なるべくゲスト同士が密集しないレイアウトを心がけましょう。

予定人数よりも大きめの会場を予約するのも良いですし、8人がけのテーブルに4人ずつ座ってもらう、というのも良いでしょう。また、先ほど述べたように屋外で結婚式を行うのも一つの手です。

7. 料理の出し方を工夫する

結婚式の料理は、主に以下の2パターンのどちらかで出されます。

・ビュッフェ形式でゲスト自らが取りに行く
・1皿ずつ料理が運ばれてくる

ビュフェ形式だとゲスト同士の会話も生まれやすいですが、コロナ対策を考えてこの形式は控えましょう。

また、1皿ずつ運ばれてくる場合だと、どうしても配膳係の方含め人との接触機会が多くなってしまいます。そのため、料理をなるべく1皿にまとめて配膳回数を減らすという工夫が必要です。

8. 演出は控えめにする

結婚式では以下のような趣向を凝らした演出を行う方もいます。

見事なウェディングケーキ

・ケーキ入刀
・子どもが花びらを撒きながら新郎新婦の前を歩く
・各テーブルを回りながら写真撮影
・リングリレー
・ブーケトス

結婚式を盛り上げるための大切な演出ですが、人との接触機会を減らすためにもなるべくこうした演出は控えめにしましょう。

このように、現在の結婚式ではコロナ対策のことを考慮してさまざまな工夫が施されています。普段の結婚式よりも準備の量や注意すべき点も増えますが、新郎新婦もゲストも安心して当日を迎えられるようにこれらは欠かすことができません。こうした工夫の一環として、先ほども少し述べた「二部制」のように、結婚式の開催方式自体をガラッと変更する方も増えています。

top_kazokukon.jpg
 

選択肢

2

挙式場で結婚式を行う以外の
『旅婚』という選択肢

観光地を中心に新郎新婦が希望する、旅先で結婚式を挙げられる「旅婚」という選択肢もあります。これまでの結婚式では数時間前後の披露宴を行うのが一般的でした。しかし「旅婚」とは、その名の通り旅も兼ねた結婚式です。新郎新婦が希望する場所に宿泊し、ゆっくりと時間をかけてゲストと自然の中を散策したり、屋外でのアクティビティに興じたりと、結婚式場だけではできない貴重な体験をすることができます。

日本でも徐々に注目を集めている「旅婚」とは?

この「旅婚」は海外ではすでに広く浸透しており、日本でも3年くらい前から結婚式の新しい形として広まってきています。上記でご紹介したように、旅婚は旅も兼ねてさまざまなコンテンツが用意されている結婚式の形です。そのため、従来の結婚式よりもゲストとさらに濃密な時間を過ごすことができます。

旅婚は、新郎新婦の家族など、ごく近しい方のみを招待して行うことが多いです。これまでも新しい結婚式の形の一つとして徐々に広まっていました。しかし、コロナ禍においては「人数を絞り屋外で行えるので感染リスクを減らせる」という面にも注目が集まったため、これからさらに浸透していくことが予想されます。

コロナ禍において注目を集めつつある

旅婚の魅力は主に以下の3点です。

適切な距離を保ちつつ大切な方と長い時間を共有できる

静かな湖

旅婚は、日常から離れ自然に満ち溢れている場所で行うことができます。

 

内容は旅婚の目的地や内容によってさまざま。新郎新婦の希望に合わせて進行内容を決めると良いですね。

 

また、旅婚では、1泊2日程度の長い時間をゲストと一緒に過ごせるので、普段なかなか言えないような感謝の気持ちなども少しずつ伝えられるでしょう。

 

このように旅婚では、自然も活用して1つの場所にとらわれず結婚式を進行できます。そのため、ソーシャルディスタンスを確保したコロナ対策としても有効的です。

食べ歩きs.jpg

フォトツアーや食べ歩きなど旅先だからこその結婚式ができる

旅婚は1泊2日程度の時間をかけて行う結婚式です。そのため「旅先だからこそできる結婚式」を行うことができます。

例えば、自然を散策しながらのフォトツアーや川の近くでの屋外ランチ、川下りのようなアクティビティなど、種類はさまざま。家族と一緒に食べ歩きツアーができるプランもあります。

こうしたアクティビティは、普段とは違う場所を訪れ時間がたっぷりあるからこそできること。都会の結婚式場では味わえない体験をすることで、参加者の誰しもが一生の思い出に残ることでしょう。

自分たちが本当に必要な装飾や演出のみを準備できる

ブルーウォーターズカヤック

旅婚では、ゲストの方と過ごす時間が自然と多くなります。そのため、無理に従来の結婚式に沿った内容で進行する必要はありません。

それよりも、自分たちが「ゲストの方とどのように過ごしたいのか?」を優先して考えることが大切です。

ゆっくり話したい場合は自然の中をゲストと散策するのも良いですし、本当の旅行のようにレジャーも楽しみたい場合はカヌーなどのアクティビティをプログラムに入れるのも良いでしょう。

その一方で、それ以外の形式ばった流れを省くこともあります。このように旅婚では、結婚式場という従来の枠を飛び出したからこそ、本当に自分たちが叶えたい希望をもとにして進行できるのです。

アタラヨウェディングスの旅婚で
新しい結婚式のスタイルを!

このように旅婚では、従来の結婚式とはまったく違う形だからこそ実現できることがいくつもあります。ゆったりした時間の中で大切な家族やゲストとのんびり過ごせるのは魅力的ですし、コロナ対策としても非常に有効的です。

この旅婚は大手旅行会社でもプランとして用意はされています。ただ、ある程度パッケージング化されていることも多く、プラン内容が決まっていることも多いです。もしかしたら新郎新婦の希望に沿えない部分がたくさんあるかもしれません。

「アタラヨウェディングス」は、この旅婚をメインとして運営しています。最低限のプロデュース料金は決まっており、そこから新郎新婦の希望をヒアリング。宿泊日数の希望、必要なクリエイター、旅先でやりたいことなど、それぞれのプランに合わせて設計をしていきます。

大手旅行会社のように数ある結婚式プランの一つではなく、旅婚の提供をメインに据えているからこそ、ひとつひとつの結婚式に対して極力新郎新婦の希望に寄り添うことができるのです。

アタラヨウェディングスの旅婚では

主に4つの目的地から選ぶことができます。

目的地:1

南木曽での
旅婚

目的地:2

飛騨高山での
旅婚

目的地:3

石垣島での
旅婚

目的地:4

奥多治見での
旅婚

nagiso_photowedding04.jpg

南木曽での旅婚

長野県にある南木曽は、街の9割以上が森林となっている自然豊かな場所。古民家型のホテルを拠点に、自然を堪能したり渓流でのアクティビティをしたりと、まさに旅婚ならではのアクティビティを楽しむことができます。

豊かな自然の中やビーチで結婚式を挙げ、食の宝庫と言われる南木曽の絶品料理を楽しむ、というのも良いですね。

アクティビティには、自然体験だけでなく「蒔絵体験」という伝統文化を味わえるものもあります。今回の旅婚の思い出にオリジナルのお椀を作るのも良いでしょう。一生の思い出になること間違いなしです。

飛騨高山での旅婚

岐阜県にある飛騨高山は、名古屋から2時間ほどで行ける観光地です。中心地から気軽に行けるので、旅婚であってもそこまで時間的な負担がかかりません。

日枝神社や護国神社など飛騨高山を代表する神社があるため、「神前式」という形で結婚式を行いたい方におすすめです。

飛騨高山の街並みは江戸時代の情緒を残しており、非常にのんびりとした雰囲気。その雰囲気の中で家族と一緒に食べ歩きをしたり、300年続く老舗料亭で絶品料理に舌鼓を打ったりと、ゆっくりと美味しい名産品を楽しむこともできます。

和装が映える場所が多いため、フォトウェディングにも最適です。

高山前撮り.jpg
ishigaki_phototour.JPG

石垣島での旅婚

沖縄県にある石垣島は、日本有数の美しいビーチを楽しめる場所。石垣島の旅婚での拠点となる貸切別荘「緑のうさぎ」の周囲では、数多くのビーチや自然を楽しむことができます。

石垣島の旅婚では、この雄大な自然を存分に活かした結婚式を挙げることが可能です。例えばビーチで結婚式を行ったり、SUPというウォータースポーツで美しい海を楽しんだりなどは、都会の結婚式場では決して味わえません。

石垣牛や島の魚など、石垣島ならではの食材を使用した食事もご用意。ビーチや別荘でのんびり食べることもできます。

奥多治見での旅婚

岐阜県にある奥多治見も、飛騨高山と同様に中心街である名古屋から気軽に行ける場所。こちらも時間的な負担をかけずに旅婚の良さを堪能することができます。

奥多治見は、濃尾平野や木曽などさまさまな自然に囲まれた場所です。この自然の中で結婚式を挙げ、ゆったりした時間を楽しんだ後に、名古屋の「文化のみち」にあるフレンチレストランの名店で新郎新婦のために作られたオリジナルコースを楽しむ、ということなどができます。

旅婚 奥多治見 photo14

上記以外の目的地の選択も可能!